Copyright(c) 2002-2009 Okikura Sawmill. All rights reserved.
 
当社のスピドラを使用した時の写 真です

1.乾燥速度が速くなります
細胞腔内の空間拡がることから、含有水は均一に移動、発散し、毛細管現象が容易になることから、水分傾斜の発生を極めて少ない状態を維持して含有水が低下し、乾燥速度が速くなります。

2.木材を傷めません
割れ、歪み、落ち込みの原因は収縮ムラから生じるのが大部分ですが、水分傾斜、高含水率部分の点在の発生が少ないことから、収縮の不均一性をなくし木材を傷めません。

3.脱脂(ヤニ)

アク抜き処理ができます 樹脂の成分は、大きく分類するとテレピン類(油)とロジン類(ロウ)の混合したものですが、水蒸気蒸留によって木材部分の樹脂まで分解し、木材の外に押し出してしまうので、後木材から樹脂の出る心配は有りません。

4.多様な木材が処理できます
スギ材は特に効果的ですが、種々の木材・経級に対応でき、皮付き材は処理により皮剥きが容易で綺麗に仕上がります。

5.各種化学薬剤の注入、
      含浸効果が向上します

樹脂膜が除去され細胞孔の拡大により薬剤の注入、含浸効果が向上します。

6.その他
木材内部まで加熱処理することで害虫の駆除処理が可能です。

スピドラ未使用の木材(スギ)
スピドラを使用した木材(スギ)
スピドラを使用した木材(桧)
スピドラ処理後一ヶ月天乾をして、納材時に修正挽をし、四面 モルダー加工を致します。 その工程により、精度の高いムク材が生まれるのです。

■樹脂の除去 含有水の移動を妨害する樹脂を化学分解し、木材外部へと押し出すことで、含有水の移動を容易にする。尚、分解される樹脂は含有水の移動を妨げるものだけに限られるので、木材の強度の変化はない。
■細胞孔の拡大 水分子の通過しがたい一部の極細の紋孔も、含有水の沸騰の過程で圧力がかかり、木材組織の拡大がなされる。これにより、含有水の通 過は内部全体ですみやかに行われる。
■樹脂膜の除去 含有水の移動を妨げる樹脂が油脂膜状になったものも、沸騰蒸気によって木材外部へと押し出す。樹脂膜のなくなった木材組織は、毛細管現象が容易で、乾燥させ易い。
■結合水の除去 結合水の多くを自由水に転換し、収縮期間が分散するために乾燥過程での収縮の差異による割れや歪みなどの損傷原因の一つを取り除く。
スピドラに関するお問い合せ(加工賃など)は、お問い合せフォームからどうぞ
スピドラを使用した木材(タルキ)