Copyright(c) 2002-2009 Okikura Sawmill. All rights reserved.
 
家を建てる時に使われる木材のほとんどは、現在外国からの輸入物が大半をしめています。しかし、元来国宝とされる寺院などの建築物には100%日本の木材が使用されており、何百年という年月を耐えぬ き現在に至っています。国産の木材は、日本の四季や風土により、中身の詰まった材質になっており、日本の風土にあった木材に育っています。 住んでいる地域の木材を使と言う事は、家を長くもたせると言う意味ではもちろんの事、天然木材だからこその安心感、健康への気配りなど暮らす人への影響も図りしれない材料なのです。 そんな発想から、私達がご用意させていただいた多摩の木材(多摩産材)を使い、建てられた建築物を数例ですが掲載させて頂きましたのでご覧下さい。

原木から製材へ
多摩産材を使った建築物